会社概要

Mission

私たちは、言葉を用いてお店とお客様のご縁を繋ぎます。
その営みにより、人の心に優しさを注ぎ、幸せが悠か咲き続ける社会を育むこと。
それが私たちの使命です。

◆当社が考える「優しさ」の定義=真剣に向き合い、丁寧に接するあらゆる行為

Concept

その使命のために、私たちは
「言葉をレコーディングし、お店の宣伝をラブレター化する」
お手伝いを行っていきます。

Way

ミッションおよびコンセプトを実現する手段として、

◆販促ツールの使い方レクチャー

◆販促スケジュールの立案サポート

◆ホームページ・投稿用の文章作成

◆インタビュー動画の撮影・編集

◆Instagram広告の配信代行

◆ホームページ制作


を主に行っております。

ごあいさつ

こんにちは!
この度は小泉享士(屋号:Words Worth-ワーズワース-)のホームページにお越し頂きありがとうございます!

私は静岡県東部地区で頑張るお店屋さん・企業さんの「宣伝」のお手伝いをすることを主な仕事としております。

しかし、いわゆる広告制作会社やWEB制作会社ではなく、ぼくの行うことは、

①ワーズワースという社名の通り、広告表現の中でも特に【言葉】に重きを置きます。
皆様がお役に立ちたい相手に【ラブレター】を送るようなイメージの広告表現やホームページの文章表現をコンセプトとしており、皆様が私に話してくれたことを、「SNS広告やホームページに表現する代筆者」としての役割

②【集客活動の家庭教師】のような「企画やスケジュールを一緒につくり、一緒にツールに書く内容を考えるような集客のための<情報発信>のサポート・お手伝いが業務の主体となります。

③【店舗様専門のパソコン教室・スマホ教室】のような「販促ツールの使い方レクチャー」



店主様の抱えるお悩み事でいうと、

『自分のお店や商品・サービスの魅力を口でしゃべることはできるんだけど、文章にするのが苦手で。文章とか表現にするのを手伝ってほしい!』

『一人で事業をやっていると、忙しくて情報発信活動が止まってしまうので、一緒に手伝ってほしい!


『お店の宣伝や広告やSNS投稿を自分やスタッフで行えるようになりたい!』



というご要望の方に一番マッチするかと思います。

費用は、広告制作費ではなく、「時間単位のレクチャー費用・導入支援費用」だけでお客様はご利用頂けますので、初期投資額も少なくスムーズに進めることができます。

拠点は静岡県東部(富士宮市)で、静岡県東部を中心に出張訪問をメインとして行っておりますが、ZOOMによるオンラインレクチャーも承っております。
現在、長野県、京都府、岐阜県、大阪府、東京都、神奈川県、広島県、イタリアにもご依頼を頂いておりますクライアント様がいらっしゃいますので、県外のお客様におかれましてもお気兼ねなくご連絡下さいませ。

広告業界において、なかなか、「宣伝ツールの使い方レクチャー」を仕事をしている会社は稀なので…。
もし、ご興味をお持ちいただけましたら、まずは無料の初回面談にご訪問致します。
お気兼ねなくご連絡ください!

プロフィール

名前:小泉キョージ(小泉享士)

屋号:Words Worth-ワーズワース-

生年月日:1981.6.25
秘数:32の5
動物占いは小鹿

血液型:AB

詳しいプロフィールはこちら≫

会社概要

屋号Words Worth
ワーズワース
代表小泉享士
拠点静岡県富士宮市
TEL090-1202-0139
お問合せ用LINEhttps://lin.ee/3pqLTDJ

ロゴマークへの想い

ここでは、当社のロゴマークについて想いを伝えさせていただきます。

アーティスト・黒木渚さんに制作していただきました!

当社のロゴマークは、ミュージシャン・小説家として活躍されているアーティスト、黒木渚さんに制作していただきました。

黒木渚さんのホームページはこちら

小泉おすすめの黒木渚さんの曲はこちら

ぼくが、「黒木渚」に魅了された瞬間

ぼくは、プロフィールにも書いているとおり、ギターとか、音楽とか、ロックとかが大好きで、様々なバンドやミュージシャンの曲が大好きです。

でも、「ファンクラブ」というのには、人生で一度も入ったことがなくて…。ひとつのバンドとかミュージシャンにずっぽりハマるというのは、今までの人生の中で経験がなくて。
渚さんの曲も、好きなジャンルなんだけど、「好きな音楽の一つ」に過ぎなかったんですが…。

そんなぼくが、思い切り「黒木渚」に魅了された瞬間があります。

2016年8月、渚さんが、咽頭ジストニア、そして機能性発声障害という特効薬や治療法が確立していない喉の病気を患ってしまい、声を出すことができず、音楽活動を休止します。

当時の黒木渚さんのブログはこちら≫

歌手なのに、声が出ない」

最悪じゃないですか…。こんなの。

それでも、リハビリやトレーニングなどを経て、なんと音楽活動に復帰するんです!!!

いや、おれだったら、とっくの昔に、歌う仕事を諦めてるわ…

なんで、この人はこんなに執念があるんだ…。

と、すごい感動と影響を受けました。

彼女の作る音楽・曲も大好きなんですが、【その執念や情熱や生き方】に魅了されて、2020年のライブに足を運んで、まさに、「黒木渚のファン」になったんですね!

しかし、その直後から、世界はコロナ禍へ。
またもや音楽などエンターテイメント業界の方にとっても、厳しい時期が続くわけです。
それでも、前を見て進んでる渚さんのYOUTUBEとかを見ながら、勇気をもらっていました。

でも、さすがにこの段階では、うちのロゴマークを作ってもらおうなんて、思いもしておらず…。

2022年9月、黒木渚、事務所から独立!

そんな折、渚さんのSNSでなんと「事務所から独立して活動していく!」という一報が2022年8月に流れてきました!

その日の動画のライブ配信で、詳しく話してくれるってことで。
それを見たところ、けんか別れではないことがわかりました。なんか、そういうのって一安心しますよね…(笑)

黒木渚、独立発表の際の「黒木渚 YouTubeライブ配信93回目」の様子はこちら。こちらで詳しく独立した経緯を話してくれてます。

この動画配信で、何よりもぼくの心が動いた言葉が、

「このまま事務所に残っていて、もし自分の目標が達成できなかったら、誰かのせいにしてしまいそうで」

という言葉です。

動画をご覧いただけると、そのほかにも独立に至る理由や経緯や話してくれてますが、ぼくが生配信で見ていた時に、一番心に刺さったのがこの言葉でした。

「ぐわ~!まさに背水の陣!どんだけ、執念持ってるんだ!この人は~~~!!」

みたいな感動を覚えましたね。

更に、この動画配信で

「独立したから、フットワークが圧倒的に軽くなったの!いろいろな仕事をやってみたい!」

ということを、動画配信の中で伝えてくれて!

「なに~~~~!?ま、まさか、おれも仕事を依頼してもいいのかな…!?」

と、そこから、勇気を出して連絡をとってみたのが、当社のロゴマーク制作スタートまでのいきさつです。

どちらかというと、この当時のぼくの心の中では、

「ロゴマークを作ってもらおう」

からのスタートではなく、

「黒木渚の執念を分けて欲しい!」

というのがスタートだったのをよく憶えています。

それで、じゃあ何を依頼しようと考えたところ、

「あっ!そうだ!ロゴマークだ!
ロゴマークは自分が経営者・商人でいる限り、一生使うモノだ!
ロゴマークを作ってもらえれば、これから先、挫けそうになったとき、きっと背中を支えてくれる!!」

と、閃いて!!

もうね、超勇気を振り絞って、ドキドキしながら、スタッフさん直通のメアドへ、見積もり依頼のメールを送信しました…。

「こんな小さい会社の依頼なんて、断れるんじゃないかな~」

とか。

「ミュージシャンにロゴマークを作ってもらう依頼とか、ジャンルが違うけど大丈夫かな~」
とか。


「すんごい高い見積もり金額が来たら、どうしよう~~」

とか。

そりゃ~~~、びびりまくりですよ!!

でも、その不安を払拭してくれるように、スタッフ・いばらさんからの、すごい丁寧な文章のお返事メールをいただきまして!

本当にありがたいことに、ここから、ロゴマーク制作がスタートします!

ロゴマーク打ち合わせ~完成へ!

ミーティング時にお願いして、撮影させてもらいました

制作はオンラインミーティングにて行ってもらいました。
渚さんと、いばらさんとの三者ミーティングでの打ち合わせを、じっくりしてもらい、自分の仕事への想いを語らせてもらいました。

「宣伝ってラブレターだと思うんですよ!」


とか

「お店屋さんって情熱と想いがあってご商売をしてるのに、なかなか、その想いを文章にするのが難しくて。
それを代わりに、ホームページとかSNSとかチラシとか、「人に見えるようにカタチにする」のが、ぼくの役割なんです!」

とか。

そんな話を、渚さんがすんごい丁寧に話をきいてくださって!

さらに、

「そうそう!僕の本来の仕事のイメージに近い、アニメがあって!
ヴァイオレットエヴァーガーデンっていうアニメなんですけど!

これを見て、

『うわ~~!こういう仕事をおれもやりたいんだよ~~~~!』

と思ったんですよね!!」

って話をしたら、なんと後日、このアニメを見てくれて!!

「え~~~~~!!まじっすか!?」
って感じですよ!感動でした!

そこまで真剣に向き合って、デザイン制作をしてくれる人って、本業で広告デザイナーをやられている人でも、なかなかいないんじゃないでしょうか。

ヴァイオレットエヴァーガーデンのHPはこちら≫

そして、数回の打ち合わせとメールでのやりとりを経て完成したのが、このロゴマークです!

ぼくのビジネスコンセプトのモチーフがタイプライターであることや、ヴァイオレットのイメージを汲んでもらったロゴデザインと、「手」と「手紙」をコンセプトに捉えてもらったマークデザインを制作してくださりました。

ぼくが長年お世話になっているメンターさんに、最初に、この完成したロゴマークを見てもらったところ、

「わ~!すごい小泉さんっぽいですね!」

という言葉を言ってもらいました!!

まさにロゴマークって「自分の分身」みたいなものなので!

とっても気に入っているし、このロゴマークには、「黒木渚の執念」が封印されてると、勝手に確信してるので(笑)

もし、ぼくに、「歌手なのに声が出ない」と似たような最悪な状態が降りかかったとしても、このロゴマークが、きっと、背中を押してくれると信じています。

そういう断固たる決意を「見える化」したものが、ロゴマークの役割だと改めて感じました。

後悔しない人生を、共に

この文章をお読みの方で、ぼくを知らない方もいらっしゃるかもしれないので。

「アーティストにロゴマークを作ってもらえるなんて、小泉さんは儲かってる会社の社長だから、こういうことができたんでしょ」

と思う方もいるかもしれませんが。念のためお伝えしておくと、全然そんなことなくてですね。

うちは、スタッフも雇っていない、一人でやってるフリーランス(個人事業主)ですし、売上もまだまだな会社です…(´;ω;`)ウゥゥ

でも、渚さんの2022年8月の独立宣言の動画配信を見て、

なんか、


「ここで見積依頼のメールを出さないと、一生、後悔するかも!」

って直感で思ったんですよね!
その感情が後押ししてくれて、実現に至りました。


自分で商売を始めるのも、会社や事務所から独立するのも、片思いの人に告白するのも、自分の考えたキャッチコピーでインスタ広告を掲載するのも…。

後悔しない人生を送るためには、きっと勇気が大事。

だから、小泉に興味を持ってくれて、うちのホームぺージを見てくれて、「ロゴマークの想いのページ」まで読んでくれた人なので、少なからずぼくに共感してくれてると思うのでお伝えしますが。

今から独立して商売を始めようかどうしようか悩んでる人や、なかなか売り上げが上がらなくて困ってて「この商売を続けてていいのかな?」と悩んでる人がいるとしたら、まず、ぼくがお伝えしたいことは、

「これから先、後悔しない人生、歩めそうですか?」

ということです。

そのお答えが、きっと「本心」に近い「ヒント」だとおもうので!

うちは宣伝会社だから、広告とか宣伝でしかお手伝いできませんが、その結果として、「後悔しない人生を共に歩むパートナー」になれればと思ってます。

でも、「後悔しない人生」を歩むためには、やっぱり勇気が必要で!
その勇気を出すことも含めて、ぼくがサポートさせてもらえればうれしいです!

ぜひ、宣伝や集客のことでお悩みのお店さん・会社さんは、まずは無料相談からご連絡くださいね!

長文をお読みいただきありがとうございました!

Words Worth 小泉キョージ