プロフィール

名前:小泉キョージ(小泉享士)

屋号:Words Worth-ワーズワース-

生年月日:1981.6.25
秘数:32の5
動物占いは小鹿

血液型:AB

ワクワク系マーケティング実践会 会員


【生き方・哲学を尊敬している人】

所ジョージさん

やなせたかしさん

【マーケティング業界で尊敬している人】

小阪裕司先生

https://www.kosakayuji.com/

高田靖久先生

http://takatayasuhisa.com/

【店舗マーケティングのために何度も読み返す本】

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!」 小阪裕司

お客様が「減らない」店のつくり方  高田靖久

【それ以外に好きな本】

「明日をひらく言葉」やなせたかし

「MOMO-モモ-」 ミヒャエル・エンデ

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 永崎裕麻

「死してなお踊れ」 栗原康

【趣味】

人と話すこと

ギター

バンド活動

朝霧高原へのドライブ

【好きなミュージシャン】

桑田 佳祐・サザンオールスターズ
(彼に中学生の時に魅せられギターをはじめました)

黒木渚

東タカゴー先生
https://aztakyhml.wixsite.com/takago-lesson

平井武士

鳥山雄司

和泉宏隆

【好きな映画】

千と千尋の神隠し

好きなアニメ・テレビ番組】

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

水曜どうでしょう

無責任艦長タイラー

クイア・アイ

【好きなマンガ】

ブラックジャック

はじめの一歩

スラムダンク

からかい上手の高木さん

【好きなラジオ】

Podcast「小阪裕司の商売の極意と人間の化学」

【好きなブログ】

加藤家のブログ


ここから詳しいプロフィールです。

原点へ帰るということで、なぜぼくがお店屋さんの宣伝・情報発信活動のお手伝いのお仕事をしたいのか、ということをお伝えさせてもらいます!

長文になりますが、ぜひお付き合いいただければ幸いです!

ギター・バンド少年からの挫折・・・

私は今は静岡県大好きな人間ですが、元をただせば、生粋の神奈川生まれ・神奈川育ち。横浜市の北部地区で生活をしていました。

大学は東海大学法学部でしたが、それよりなによりバンドサークルに没頭する日々を謳歌!

大学卒業後も実は本気でバンドでメジャーデビューを目指していました。

新宿やらなんやらでライブに出演していたんですが…。

しかし、芽が出ず挫折・・。24歳までがんばってましたが…。

う~~ん。ということで、人生はじめての就職活動。

いざどうしようかと、生まれてはじめて行ったハローワーク。

そこで出会った名も知らぬ、ハロワの担当のおじさんに

「君は資格も何にもないし、営業職しかないね~」

と、放たれた一言。

『げ~~~!!!!営業!?一番やりたくない職業だよ!!』

というのが営業職への最初の印象です。

振り返ればそこから15年以上、営業職一本でやっているという…。人生どうなるかわかりません。

まぁ、ショックを受けていてもしかたないので。
就職サイトで見つけた「ルート営業」=「既存顧客だけを回る仕事」という、まだ何とかなりそうな仕事を発見!

初めての就職先である「マルキンオフィスオール」という会社に入社します。

最初の仕事はコーヒーの営業!

さて、24歳という中途採用な感じで入社させてもらったマルキンさん。

たまたまですが、一人暮らししていた神奈川県大和市にある営業所が人手不足ということで、通勤時間もめちゃめちゃ短くて助かりました。

では、一体何の仕事かと言うと、「オフィスコーヒーサービス」というジャンルの会社でした。

なんじゃそりゃ!?って感じだと思いますが、コーヒーマシンをお客様である会社やお店さんに置かせてもらい、月に一回、豆を販売(というか補充)するという仕事です。

当時の業界No1の会社は「ユニマット」という会社でした。
と言うと、何となくイメージできる方も多いのではないでしょうか。

「飛び込み営業よりはまだマシか~」、というかなり不純な動機で入った会社でしたが、たまたま偶然にも、

「顧客満足度を上げて、お客様に喜んでもらおう」という理念をかがけている熱い会社でした。

今思い出すと、月に一回土曜日に営業勉強会をして、ランチェスター戦略の竹田先生のビデオを見たりしていました。

先輩たちも明るく、しかも、お客様目線・お客様満足の想いで仕事をされている方々で、段々と、営業の仕事が楽しくなっていきましたね。

その仕事の中でも特に一生モノの出逢いとなったのが、お客様の中でも特に「お店屋さん」でした。

ざっくり言うと、通常のお客様であるオフィスさん・会社さんでは、従業員のため=福利厚生のためにオフィスコーヒーサービスを導入しているので、
「安けりゃなんでもいいよ~」
的な感じだったのですが。

お店屋さん、特に美容院さんやカーディーラーさんは、

『お客様にお出しするコーヒー=顧客満足度アップが目的でコーヒーを外注で導入している』

ということなので、とてもシビアでした。

コーヒー豆が次回のルート日になる前に切れちゃって、それこそブチ切れられてしまうことも・・・。

ただ、そういう真剣なお客様とは、関係が深まるにつれ、

「小泉君の提案してくれたコーヒーにしてから、お客さんがおいしいって喜んでくれてるよ、ありがとう!」

なんて声をかけてくれることが多くなったんです!
これがとても嬉しかったんですね~!

そんなお客様に喜んでもらうことに一生懸命なお店屋さんと、顧客満足のことや仕事への姿勢について話していると、お互い涙しながら熱く語ることもありました。

その経験から、

ぼくは、

「お客さんに喜んでほしい!」という商売をしている方にとても魅力を感じ、そんな商売をしている方が「喜んでくれること」を提案する仕事をしたい!

ということを我ながら気づくことができました。

当時、こころの中でずっと思い続けていたのが、「お客さんは神様じゃなくて、お客さんは先生だよな~」という感覚。

もちろん、会社の先輩やマネージャーさんも仕事のやり方は教えてくれたけど、もっと大きい学び・仕事の姿勢や人生を教えてくれたのは間違いなくそんなお店屋さんのオーナーさんやスタッフの方々でした。

静岡へ移住、広告の世界へ

そんな感じで、朝から晩まで毎日忙しい中、充実したサラリーマンの日々を送っていたのですが、ある日会社に行くと、突然のミーティング。

な、なんと、うちの会社が大手の会社に吸収合併されたと。

ぅえええ~~!!って感じ。みんな騒然唖然。

よくインサイダー取引がだめだから、と社員にはある日突然知らされると聞きますが、本当にそうでしたよ。なんの前触れもなく。。。

当時はゴタゴタの中でワチャワチャしていましたが、今振り返ると完全なる転機・ターニングポイントの瞬間だったんですよね。

自分の人生について考える期間だったのか。なんとなくこれからのことを考えるきっかけともなり。

当時お付き合いしていた今の奥さんが静岡の人で、ぼくも雰囲気の良い静岡が好きということもあり。

このターニングポイントに乗っかって、結婚を機に静岡に移住することを決めました。

そして、転職。

コーヒー以外でも、

「もっとお店さんとお客さんの縁をつなげ、喜びの連鎖を生む仕事はないか・感動できる仕事はないか」

と転職したのが、たまたま広告業界だったというわけです。

いや、コーヒーの仕事が決して悪いわけじゃないんですが。

たとえば、美容院さんでコーヒー豆を補充している時とかに、ディーラーの営業マンさんが新しいアイテムを持ってやってくるわけですよね。

そうすると、スタイリストさん全員がその人の周りにワーーっと集まって、あーでもないこーでもないと話し合っているシーンが羨ましかったという体験が、実はあったんですよね。

「もっと、こういうお店屋さんの役に立てる仕事をしたい!!」という想いが強かったんだと思います。

現在の目標

こうやって20代の頃の自分を振り返ってみると、

当時よりも、少しだけお客様に待ち望んでもらえる営業マンになったのかな~、とふと感じていますが、まだまだご提案できることは星の数ほどあると思っています。

いま、目下の目標は、

前述した、

「小泉君の提案してくれたコーヒーにしてから、お客さんがおいしいって喜んでくれてるよ、ありがとう!」

という現象をたくさん創っていくことだと考えています。

小泉が携わるお客様=店舗オーナー様のお店にお越しになる「お客様(エンドユーザー様)」に喜んでもらおう!

「自分のお客さんのお客さん」が喜んでくれることを考えよう!

そうすれば、おのずと自分のお客様である店舗オーナー様も喜んでくれるに違いない!

この目標を掲げて、日々、お客様へご提案させていただいております。

情報発信活動やコミュニケーションツールはどうしても「売りたい側の言い分」を表現してしまいがちですが、

結局のところ、購入して頂くお客様が喜んで買ってくれるかどうかが本質的な最終ジャッジです。

「この商品ってこういうお客様に喜んでもらえるから、こういう表現方法で伝えてみよう」

「このサービスって、今のお客様達が価格だけでない価値を知っていて購入してくれているんだから、もっとわかりやすく多くの人にその価値を伝えないと!」

こういう切り口でコミュニケーションツールを使えば、最終的に素晴らしいご縁が生まれると信じています。


めちゃめちゃ長文でしたが、ここまでお読みいただき本当にありがとうございます!

そして、逆に店舗経営者様の、こういう今までのヒストリーの話もぜひ聞いてみたいです。

たまにでいいのでHPやブログにご自身の人生の振り返りを記してもらえれば、ぜひとも拝見させていただきたいですね!

そんなものを記した際にはぜひご一報くださいねっ!